ATHLETE MANAGEMENT ATHLETE MANAGEMENT
長谷川 滋利

©ゴルフダイジェスト社

About アスリート
マネジメントとは

パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)は、自らの可能性にチャレンジし続けるアスリートの価値最大化のため、アスリートのマネジメントする事業を2019年3月に立ち上げました。
プロ野球はもちろんのこと、バスケットボールやサッカーといったその他の競技を含むアスリート(現役/OB)のマネジメント業務を行っております。アスリートの競技サポートや各種メディアへの出演、講演活動など、プロ野球OBの長谷川滋利選手をはじめとした各アスリートの価値最大化のために、現役/OB問わずサポートをしてまいります。

Support01

Support 私たちに
出来ること

01

アスリートマネジメントの一例として、アスリートのスポンサー獲得活動を行っております。
自らの可能性にひたすらチャレンジし続けるアスリートは、日々の努力を惜しみません。より高みを目指すためには、あらゆるリソースが必要となります。そのアスリートと、応援や支援をしていただける企業・組織をマッチングします。応援や支援をしていただける企業・組織への対価として、アスリートが広告塔として各種CMやイベントなどに出演したり、その他ニーズにお応えすることができます。

1/3

Support02

Support 私たちに
出来ること

02

アスリートマネジメントの一例として、講演活動のサポートを行っております。
普段はテレビ越しや球場で見ている人達に感動と興奮を与えてくれるアスリート達にも、私たちと同じような時代がありました。日々の努力や精神力の鍛錬、色々な出会いなどの隠れたエピソードが多々あります。そういった興味深いエピソードを交えた、心に響く講演を通し、メンタル強化や指導力の強化をサポートします。

2/3

Support03

Support 私たちに
出来ること

03

アスリートマネジメントの一例として、各種メディアへの出演サポートを行っております。
アスリート達にはそれぞれ、歴史に残る名場面が存在します。その名場面を語ってほしい、隠れたエピソードを話すなどのメディア出演依頼はあとを絶えません。そういった部分をマネジメントし、依頼する側と依頼される側のアスリートとの間に入りサポートします。また必要に応じて、アスリート個人の公式サイトなどの制作や運営も行います。

3/3

長谷川 滋利

©ゴルフダイジェスト社

Member 人物紹介

長谷川 滋利

Shigetoshi Hasegawa

1990年にドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団、1年目の1991年には12勝9敗1セーブで新人王に輝きました。1996年まで日本で57勝をマークしたことから、1997年1月にアナハイム・エンジェルスと契約し、同年4月、村上雅則、野茂英雄に続き長谷川滋利は日本人投手3人目となるメジャー勝利を挙げました。

矢野 良子

Member 人物紹介

矢野 良子

Ryoko Yano

城北高校卒業後、1997年にジャパンエナジーへ入社。無名の高校出身ながらチームのエースとして、Wリーグ優勝4回、皇后杯優勝6回に貢献。2005年に富士通へ移籍後、チーム初のリーグ優勝と皇后杯優勝に貢献。その後、2009年にトヨタ自動車へ移籍し、リーグ1位やここでもチーム初の皇后杯優勝に貢献。日本女子バスケ界の優勝請負人として知られています。